※当会は特定の政治および宗教団体を支持することはありません。
また支援も受けておりません。

※当会では検査キットの販売等は行っておりません。

Working Group

四つのワーキンググループ

当会では、目的に向かって活動する4つのワーキンググループを設置しております。

PVSデータベースワーキンググループ

新型コロナワクチン接種後に遷延する健康被害 (ワクチン接種後症候群:PVS)のデータベースを作成します。
検査方法開発ワーキンググループ

PVSの、治療法の開発、治療効果の判定を行うためには症状に応じて変化する分子マーカーを同定すること重要です。
治療方法確立ワーキンググループ

PVSに対する有効性および安全性の高い、一般の医療でも実施可能な治療法の開発および臨床研究に取りみます。
文献データベースワーキンググループ

コロナウイルス、遺伝子ワクチン、その後遺症等に関る医学情報を網羅する文献データベースを構築し、信頼可能な情報源としてワクチン被害者救済の一助となる事を願っています。

Support

ご支援のお願い